Es ist gut

お軍服スキーな絵描きによる徒然日記。現在、サイト改装準備のため休止中。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

「今週の軍服」 

2011/06/15
Wed. 07:33

今回は陸軍の熱帯用軍装。
110614.gif

上衣は脇に通風口のある防暑衣
ズボンは膝が隠れる位の丈で、
裾が紐で絞れるようになっており、
その上から脚絆をつけます。
半袖・短パンの防暑略衣袴、夏用襦袢もありました。
イラストはクロームモリブデン鋼製鉄帽ですが、
もちろん防暑帽や略帽+帽垂も着用してました。

熱帯地域に長期間滞在する場合、
暑さはもちろんですが、
マラリアを媒介する蚊への対策も
講じなければなりませんでした。
頭から被っている袋状の物は、防蚊覆面
袋の底に針金が入っている、
蚊帳でできた巾着袋みたいな感じ
です。
首のあたりで袋の口の紐を締めて着用。
そして、ミトンのような形をした防蚊手袋
指が出せるようになっていましたが、
はめると相当暑かったそうです。

他にも防蚊対策として、
蚊取り粉(蚊取り線香を粉状にしたもの)や
蚊帳、防蚊薬剤を支給したり、
宿舎周りの竹藪を刈ったり、排水溝工事をしたり、
低湿地に木を植えたり、池にして小魚を飼ったり…
ということをしていたとか。
しかしながら、蚊帳を張って寝ていたにも関わらず、
13件もマラリアを発病してしまい、蚊帳を返納した、
という話もあったり…。
実際、第2次大戦中、厳重なマラリア対策を行っていた
米軍でさえ多数の患者を出し、
ほとんど対策を取っていなかった日本軍は
ガダルカナルでは1万5000人、
インパール作戦では4万人の死者を出したそうです。

マラリアについて少しだけ。
ハラダマカが媒介するマラリア原虫によって
引き起こされる原虫感染症で、熱帯~亜熱帯に広く分布。
高熱、頭痛、吐き気当の症状を呈し、
最悪の場合死にいたることもあります。
ワクチンはなく、防蚊対策が最重要。


次回は、陸軍なのに海軍チックな軍装の法務兵を!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

命がけのお仕事なのに。

 命がけのお仕事なのに、蚊をよけるネットについわらっちゃいます。
 蚊帳を想い出してしまいました。

 そういえば、ロシアの徒歩で渡河する舞台もスキーのスティックに浮き輪という、なんともユーモラスな格好でしたよね。

 こう、現場の兵士達は「上は本気でこのユニフォームがいけてるとおもってるんだろうか……」とかうつろな目をしていそうです(笑)

立神勇樹 #- | URL | 2011/06/15 12:17 * edit *

「そんな装備で大丈夫か?」

コメントありがとうございます!!
返信遅くなってしまってすみません;;

連合国側・枢軸国側問わず、時に
「ちょ…そんな装備で大丈夫かw」
と思わず突っ込みを入れたくなる
軍装に出くわすのが軍装ワールドの
奥深さであります(敬礼)

防蚊覆面は本当に、まんま蚊帳を袋状にしたものを
被ってるだけです…
歩哨はともかく、これで戦えたんだろうか…??

立神さん、その装備は「ロシア国土を縦横に走る
無数の河川を渡河するために考案された特別の装備」です。
わざわざ考案された「特別の装備」です。
いいですか、「特別の装備」ですよ!
……大事なことなので3回言いましたw
更に推進のための櫂1組と
水深測定用の金属棒も付いてきたそうですよ。

ミサキ.dk #- | URL | 2011/06/21 16:36 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://banditsroost.blog75.fc2.com/tb.php/1064-c0520b4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。